沖縄おうちリゾート | 沖縄長期滞在のための情報サイト

焼肉乃我那覇で、沖縄スタイルの具だくさん豚汁を

今や沖縄グルメの定番ともいえる琉球在来豚アグーですが、アグーブランドの豚を生産していることで知られるのが名護の我那覇畜産。その直営店である焼肉乃我那覇(やきにくのがなは)本店は、観光客から地元ウチナーンチュまで、昼も夜も多くの人で賑わう人気店です。

さて、今回おすすめしたいのはランチタイム。メニューを見ると、本格的なアグーのしゃぶしゃぶから、牛ステーキやとんかつなど、20種類以上の定食が用意されています。ほとんどのメニューに写真がついているので、じっくり見て選べるのがありがたいです。ちなみにアイスコーヒーやアイスティーなどのドリンクもセルフで付いています。

ガッツリ食べたい方にはジャンボチキンカツ定食700円などもいいんですが(周りをキョロキョロすると食べている人が非常に多い!)、驚きのコストパフォーマンスを誇るのが、店長手作り日替わり汁定食600円です。

日替わりとはいえ、まあ、ほぼ豚汁(ぶたじる)が出てきます。ちなみに内地で豚汁(とんじる)というと、薄切りの豚肉と根菜などの野菜が入った味噌汁のことですが、沖縄でいう豚汁は肉と昆布を一緒に煮込んだ、塩ベースの汁なんです。

大きなマカイ(どんぶり)に、あふれんばかりに入れられた豚汁には、切り落としの赤肉から、とろとろぷるぷるのテビチ、レバーなどの内臓まで、いろんな部位の豚肉がゴロゴロ。一緒に煮込まれたニンジンやダイコンにも、お肉と昆布の味がしっかりしみていて、まさに滋養あふれる味! 味もボリュームも大満足レベルで、汁なのにメイン料理として十分成立しています。今どき600円でこの幸せは、ちょっとありませんね。

実はこの豚汁、基本的にどの定食にも汁物として付いてきます。なので、我那覇に来たからにはやっぱりカツや生姜焼きが食べたいという人も恩恵にあずかれることになっています。まさに肉×肉。この贅沢な肉の使い方が、さすが畜産会社直営店ですね。

さて、ここでもうひとつ耳寄りな情報を。コンドミニアムなどに滞在中の方は、ぜひ帰りに1階のお肉屋さん「フレッシュミートがなは」に寄ってみてください。和牛やアグー、やんばる豚などのお肉がリーズナブルなお値段で買えますし、冷凍のアグーハンバーグなど、焼くだけでおいしい便利なお惣菜も充実しています。そして、運がよければ新鮮な豚レバー(それも結構な量)がサービスでいただけることになっています。それでは、Good Luck!

沖縄県名護市宮里1401-1
Tel.0980-52-6629
営業時間 ランチ(定食)11:00〜15:00 ディナー15:00〜24:00(ラストオーダー22:30) 無休

by
在京時は主に旅行雑誌(国内外、特にオーストラリア、韓国、香港)、オートバイ雑誌、競馬雑誌などの原稿を執筆。『優駿』(日本中央競馬会)に連載。著書に『風そよぐ朝、茜さす午後―サラブレッドの休日 』(光村推古書院)。沖縄移住後は地域史の編集が本業で、その他媒体にも寄稿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です