沖縄おうちリゾート | 沖縄長期滞在のための情報サイト

沖縄長期滞在。どれくらいの費用が必要?

まだ沖縄に移住する前、東京で雑誌編集の仕事をしていた頃は毎年のように沖縄に長期旅行をしていました。ウインタースポーツ系の雑誌を制作していたので、まとめてオフがとれるのは6月から7月前半。この時期に2週間から1か月くらい休みを取り、雪上の疲れをビーチでいやしていました。

その当時は現在のような民泊(AirBnBのような形態のバケーションレンタル)などはなく、格安のホテルや民宿を探して宿泊し、格安レンタカーを借りるスタイル。当時はけっこうな予算がかかったような記憶がありますが、現在であればグッと割安に沖縄長期滞在を楽しむことができます。

現在なら、最低価格は1か月滞在でざっくり10万円くらいから(6月ごろのオフピーク時、バストイレ共同の部屋貸し切りで1名あたり価格)。シーズンによってはもう少しコストがかかります。民泊施設やマンスリーマンションでは、ホテル並みに快適……とまではいきませんが、それでも十分沖縄長期滞在を楽しめる場合が多いと思います。

宿泊費用はふたりで10万円くらいが下限の目安

民泊物件でも格安で環境良好な宿が見つかる可能性アリです

宿泊は、沖縄本島エリアの場所不問で検索すると、AirBnBの場合は1棟まるまる貸し切りで1か月10万円くらいから探せます。マンスリーマンションで探すと、だいたい10万円台前半くらいから(1Kなどの狭めの部屋で1か月料金)。マンスリーマンションの難点は、ほぼ那覇市およびその近郊に限られることと、駐車場が別料金(またはない)こと。それでもホテルに連泊するよりは、ぐっと出費を抑えられますので、浮いたお金を買い物や離島観光、あるいはこのページで紹介しているホテルランチめぐりなどに回すことができます。
ドミトリーやシェアルームを除外した場合、素泊まりで2名が1か月滞在するのに、だいたい10万円~15万円。シーズンによっては、プラス数万円程度見込んでおいた方がよさそうです。

レンタカー業者は増えているので価格も落ちてきています

レンタカーもかなりピンキリ。有名なレンタカー会社で1か月借りるとなると宿泊費なみの料金がかかりますが、安いところは安いです。
たとえば、下記のミニバンレンタカーなら、ダイハツ・ミライースが1日1490円から。2週間借りても約2万円です。また、車種を選ばなければ軽自動車が月額25000円程度のレンタカーもあります。格安であっても、空港や指定場所まで車を回してきてくれるレンタカー業者もありますので、いろいろと調べてみればコストが落とせる部分です。そういえば近々、噂のガッツレンタカーが那覇市内に出店するそうです(軽自動車1か月24800円~)。

沖縄那覇のミニバン・レンタカー
https://minivanrentacar.com/

10年くらい前はOTSレンタカーやトヨタレンタカーなどの大手に、ちょこちょこと小規模格安事業者が混じっているような状況でした。ところが最近では、新しいレンタカー業者がどんどんできており、どんどん安くて利用しやすくなっている印象です。実際に利用してみてよかったのはオイチェル(http://www.oichel.co.jp/)で、ここは軽自動車のレンタカー(アウトレットレンタカーと銘打っています)が7日で9800円から。

飛行機はLCCでも十分です

那覇空港には、ピーチアビエーション、バニラエア、ジェットスターなどのLCCが就航しています。羽田(成田)-那覇間の移動時間は2時間半から3時間くらいなので、ちょっと座席が狭めでもがまんできそうな気がします。
ただし、ピーチアビエーションとバニラエアは那覇空港のLCC専用ターミナルに到着し、そこからのバス移動があるため、けっこうめんどうです。バス待ちでかなり並ぶことも多く、フラストレーションがたまりがち。ジェットスターだけは通常のターミナルに到着するので、料金に差がないならこちらをおすすめします。

by
沖縄かりゆし不動産代表。不動産屋の前はフリーランスカメラマン・編集者。その前は株式会社実業之日本社勤務の編集者をやっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です