沖縄おうちリゾート | 沖縄長期滞在のための情報サイト

採れたて農産物で沖縄を味わう 南部編その1

冬でも温暖な気候の沖縄では、年間を通じてさまざまな野菜やトロピカルフルーツが生産されています。農産物直売所には内地ではあまり見かけない珍しいものもたくさん並んでいて、見るだけでもおもしろい! というわけで、今回は南部の直売所をまとめてご紹介。コンドミニアムなどキッチンの設備があるお部屋に長期滞在している人は、ぜひ沖縄の素材を使った料理にチャレンジしてみてください。

 

ファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ市場

 

農産物の生産量が沖縄で一番多いのが本島最南端の糸満市。そして糸満中から農産物が集まるのが、「道の駅いとまん」のうまんちゅ市場です。なんでも年間約120〜130種の野菜や果物が販売されるのだそうで、質量ともにレベルが高く、いつもたくさんのお客さんでごった返しています。そのぶん回転もよく、新鮮もバッチリ。那覇方面からのアクセスもいいので、初心者の方はまずこちらをのぞいてみることをおすすめします。さばきたての県産豚やヤギ肉などを扱うお肉屋さんも入っていますし、敷地内にはお魚センターもあるので、一通りのものはそろいます。わざわざいく価値あり!

 

JA おきなわ食彩館 とよさき菜々色畑

那覇市の隣、豊見城市も実は農業が盛んです。こちらの菜々色畑、規模はそう大きくないのですが、空港にも近く、隣が大手レンタカー会社の返却所になっているため、「これから帰ります」という人には大変便利な直売所。豊見城市はマンゴーの生産拠点にも指定されていて、シーズン中は質のいいマンゴーがたっぷり並べられていますし、トマトも名産品で、びっくりするような安値で売られていることもよくあります。場所柄、お土産ものが充実しているのもポイント高し!

 

ファーマーズマーケット与那原 あがりはま市場

与那原町のあがり浜といえば、このところの発展が著しく、真新しい住宅が並ぶ人気のエリアですが、そんなあがり浜にも農産物直売所があります。こちらには与那原町をはじめ、近隣の西原町、南城市、そして糸満市からも出荷されているようで、コンパクトな店舗ながら並んでいる野菜のバリエーションは十分。生活圏にこんなお店が1軒あると便利だなと思わせる直売所です。他ではあまり見かけない伊江牛も扱っているので、お肉好きにもありがたいですね。

 

ファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ市場
沖縄県糸満市西崎町4−20 Tel.098-992-6510
営業時間9:00〜19:00 ほぼ無休(正月3日間、旧盆のウークイ休み)

JA おきなわ食彩館 とよさき菜々色畑
沖縄県豊見城市字豊崎3−86 Tel.098-850-8760
営業時間9:00〜19:00 無休

ファーマーズマーケット与那原 あがりはま市場
沖縄県与那原町字東浜89−104 Tel.098-944-7741
営業時間9:00〜19:00 ほぼ無休(正月3日間、旧盆のウークイ休み)

 

 

by
在京時は主に旅行雑誌(国内外、特にオーストラリア、韓国、香港)、オートバイ雑誌、競馬雑誌などの原稿を執筆。『優駿』(日本中央競馬会)に連載。著書に『風そよぐ朝、茜さす午後―サラブレッドの休日 』(光村推古書院)。沖縄移住後は地域史の編集が本業で、その他媒体にも寄稿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です