沖縄おうちリゾート | 沖縄長期滞在のための情報サイト

沖縄長期滞在と台風の話

この時期(今は秋です)沖縄に長期滞在すると、もしかしたら台風に直撃されるかもしれません。沖縄で台風直撃! というと、全国のニュースでもおなじみの光景が目に浮かぶでしょう。自動車がひっくり返ったり、電柱が倒れたり、コンビニエンスストアの看板が根元から折れ曲がったり……。
沖縄で台風に直撃された場合、どんな点に気をつければいいのでしょうか?

台風直撃経験からフィードバック

このエントリーを書いている私自身を含めて、沖縄移住初心者が初めての台風に遭遇すると、ある意味興奮してしまうのが常です。「これが台風か!」「川が氾濫している!」「道路が水没している!」「街路樹が倒れた!」「電気が止まった!」「水道が出ない!」といった、テレビのニュースで見た光景が窓の外に広がっています。
初体験の時は何の準備もしていなかったので、ただひたすら台風に閉じ込められただけでした(暴風圏内にある場合は、危険なので絶対に外に出ないでください)。しかし、台風をいくつか経験した後、台風を快適にやり過ごすポイントがわかってきました。
まず、テレビのニュースをチェックして、直撃されそうな場合は冷凍庫に2リットルのペットボトル(水かお茶)を詰め込みます。これは停電した場合に役立ちます。停電時は凍ったペットボトルを冷凍庫から冷蔵庫に移し、冷蔵庫内の温度を保ちます。さらに、飲み水がなくなってきた頃には凍ったお茶や水が溶けていますから、飲料水になります。
懐中電灯は絶対にあったほうがよいです。那覇市内などでは不要な場合が多いですが、地方に宿泊している場合は停電の危険があります。
また、小型のラジオはかなり役に立ちますから、用意できる人は持ってきておいてください。停電時にラジオがないと、いったい今台風がどこにいるのかさっぱりわからなくなります。

沖縄台風あるある

以上の用意が完了したら、台風が来て、過ぎ去っていくのを待つだけです。ただし、高潮などの危険がある場所に宿泊している場合は、市町村役場が用意した避難場所に移った方がいいでしょう。
さて、うちなーんちゅの皆さんと台風の話をするときによく話題に上る台風あるある。覚えておくと話が弾むはずです。

バスが止まったらお休み……沖縄では台風で学校などがお休みになる基準は「バスが走るかどうか」。バスが走っている間は学校もお休みになりませんが、バスが運休すると休みになります。そこで、沖縄の人たちは台風接近時に「バス走ってる?」という点を気にしています。
とりあえずカレーを作る……台風で長時間閉じ込められたときにそなえて、カレーを作るという意見も多いようです。もしくは、台風時にはヒラヤーチーを作るといった話もあります。台風の時の食事の確保は、けっこう大事な問題ということですね。
台風になったら映画館に行く……バスが止まってから本当に危険な状況になるまでの空白の時間帯、沖縄の人たちはなぜか外出します。昔は映画を見に行ったそうですが、現在ではスーパー(それも大きめのモール)に出かけて買い物をしています。そのため、台風時にサンエーに行くと、なぜか混雑しています。

そんな話をうちなーんちゅの皆さんと楽しみながら、抜かりなく台風の準備をしておいてください。実際のところ台風時の外出は避けた方がよいので、窓外を観察しながら、ラジオでバッチリ情報を仕入れましょう。暴風時のインスタ投稿などは、極力自重しましょう。
そして、できれば台風に遭わないことをお祈りしています!

by
沖縄かりゆし不動産代表。不動産屋の前はフリーランスカメラマン・編集者。その前は株式会社実業之日本社勤務の編集者をやっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です