沖縄おうちリゾート | 沖縄長期滞在のための情報サイト

手作りのぬくもり「クラフトフェア南城」

沖縄は早くも夏の日差しサンサンで、車に乗るときにもクーラーが必要な気候になってきましたね。それでも3月末から5月にかけては、うりずん(潤い初め)といって、1年で一番いい季節だといわれています。長期滞在で、この時期を沖縄で過ごせる方は、かなりラッキーなのではないでしょうか?
で、うりずんといえば、ゴールデンウイーク。そろそろゴールデンウイークの予定を立てようという方におすすめなのが、南城市の玉城で毎年開かれている「クラフトフェア南城」です。これは県内各地から、プロ工芸作家の皆さんが作品を持ち寄る大きな市で、出展者数が多いだけでなく、食べ物の屋台や工芸体験、ステージなどもあるので、かなり満足度の高いイベントだと思います。

では、実際にどんな作家さんたちが集まるかというと、やはり陶芸の方が多いようです。その他にも染め・織り、ガラス細工、革細工、漆、木工、アクセサリーなどなど、さまざまなジャンルのものが見られます。もちろん、どれも手作りの作品ばかりで、沖縄らしいモチーフを使ったものもたくさんあります。作家さんの中には、お店を構えていない方もいらっしゃいますので、そういう方の作品がいっぱい見られるのがとてもいいですね。

写真は昨年の様子ですが、まずは会場の体育館が大きいので、スペース的に非常にゆったりしています。ブースもひとつひとつが大きくとられているので、置かれている作品も多いようです。
そして、何よりもいいのは、会場にローカルな雰囲気が漂っていること。お客さんも地元の方がほとんどで、ファミリーでの来場も多いですね。入場無料ですし、通路が広く、お子さん連れでも気を使わないで楽しめる、ということかもしれません。とにかく、休日ののんびりしたムードの中で、リラックスして作品を見ることができるでしょう。

私は焼き物の器が好きで、ちょこちょこ買い足して楽しんでいるのですが、同じ壺屋焼でも本当にいろいろな作風のものがあって、毎年このフェアに出かけるのを楽しみにしています。
爽やかなうりずんの1日、沖縄の工芸の世界にどっぷりと浸ってみるのも楽しいと思います。南部ドライブがてら、お出かけになってみてはいかがでしょうか?

開催場所
沖縄県南城市玉城富里200 南城市玉城総合体育館
(南城市役所玉城庁舎うら)

開催日時
2018年4月28日(土)− 4月30日(月・祝)
10:00-18:00(最終日は17:00まで)

無料駐車場あり

公式サイト
http://craftfair.ti-da.net/

※会場には靴を脱いで上がりますので、必要な方はスリッパや体育館シューズを持参するといいでしょう

by
在京時は主に旅行雑誌(国内外、特にオーストラリア、韓国、香港)、オートバイ雑誌、競馬雑誌などの原稿を執筆。『優駿』(日本中央競馬会)に連載。著書に『風そよぐ朝、茜さす午後―サラブレッドの休日 』(光村推古書院)。沖縄移住後は地域史の編集が本業で、その他媒体にも寄稿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です