沖縄おうちリゾート | 沖縄長期滞在のための情報サイト

沖縄長期滞在向け施設の選び方

沖縄に旅行する時はゴージャスなリゾートホテルに泊まりたいものですが、長期滞在する場合はできるだけ安く泊まる必要があります。そんな時、どんな施設が考えられるでしょうか?

値段だけで考えるとゲストハウスなども選択肢にあがりそうですが……デメリットもありそうです。使節によっては共同キッチンがあったり、とにかく価格が安かったりと、長期滞在時に助かるメリットもあるのですが、基本的には那覇市内などの町中にしか立地していません。また、地元沖縄を感じるために旅行しているのに、どうしても本土からの旅行者同士で行動してしまいがち……。

国内屈指の美しい海や独自の食文化、温厚でのんびりした人が多いという沖縄の魅力を楽しむなら、郊外で格安で泊まれる、民泊系の施設やコンドミニアム、マンスリーマンションなどが適しています。

民泊系施設の特徴は?

民泊という言葉が一般化すると同時に、その内容も変化してきています。これまでネガティブに語られることが多かった、いわゆる「民泊」ですが、現在では旅館業法の許可(簡易宿泊所としての許可等)施設も多く、こういった施設は完全に合法です。また、民泊新法により、旅館業の許可を得なくても一定期間営業できるようになりました。こちらも合法的な民泊で、届出民泊と呼ばれています。

上記ふたつの民泊施設で、価格帯が異なる場合が多く、届出民泊のほうが安いという傾向があります。OHA(オンラインの予約サイト)でいえば、AirBnBが届出民泊に強くて価格帯が安く、同じ施設でも、じゃらんネットなどより安い場合があります。

いずれのケースでもキッチンや冷蔵庫、食器などを備えている場合がほとんどで、地元の食材を料理したり、沖縄に暮らすように旅行したいという人に適しています。

マンスリーマンションの特徴は?

マンスリーマンションの場合は旅館・ホテルに泊まる、というより、不動産を短期で借りるという形態になります。家具・家電付きの部屋を週単位や月単位の短い期間で貸し出すという形態で、まさに沖縄プチ移住。
立地としては那覇市内が多いものの、ほかの市町村でも探すことが可能です。そのため「この町に住んでみたいけど、実際のところはどうなんだろう?」という、沖縄移住の下見的な利用に適していると思います。

沖縄移住にあこがれる人も多いのですが、実際に移住してみて「こんなはずじゃなかった」と失望する人も多く、下見のための長期滞在はかなり重要です。

いずれの施設を利用しても、リゾートホテルに泊まるのとは違った贅沢な時間が過ごせるはず。沖縄での長期滞在、ぜひ実現してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です